プロフィール

長太郎

Author:長太郎
プログラマーやってます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
【PC】IdeaPad S10-2 バッテリー持続時間
Lenovoのネットブック、IdeaPad S10-2を購入しました。


■基本スペック
 CPU : Atom N280 1.66GHz
 メモリ : 1GByte
 OS : Windows 7 Starter
 解像度 : 1280x720


IdeaPadS10-2 にもいくつか種類があり、今回購入したのは液晶高解像度タイプといわれているものです。
低価格ネットブックの主流は1024x600。その中でこの1280x720は解像度は目立っています。

現在のIdeaPad Sシリーズの最新はS10-3。CPUがN450になっていますが現時点では1024x600のものしか発売されていません。
CPUより解像度を優先して1つ前の機種を選びました。


私が普段使用する環境でバッテリーの持ち具合を調べてみました。
Webサイト閲覧・テキスト作成が中心です。

■条件 
  ・同梱の6セルバッテリーを使用
  ・自宅で無線LANに接続
  ・光学有線マウスを接続
  ・画面のバックライトは一番暗くする
  ・電源プランは「Energy Star」(デフォルトのまま)
  ・室温 23度くらい


 使用する主なアプリ
  ・Google Chrome
  ・Evernote
  ・秀丸エディタ
  ・Tween

 使い方
  ・ブラウザでサイトを積極的にアクセス。
  ・EvernoteでWebクリップ・テキストメモを作成
  ・動画は極力見ない(今回のテストを通して3分ほど見ました)
  ・メディアプレイヤーは使用しない


■結果
経過時間(時間)残量%残時間
0.099%4:39
0.588%4:07
1.076%4:06
1.562%3:57
2.053%3:15
(3時間スリープ)------
2.050%2:59
2.538%1:54
3.027%1:28
3.516%0:47
4.07%0:26

3時間45分後にバッテリーが10%を切った警告が表示。
3時間53分後にコンセントを接続を促す警告が表示。


■まとめ
実際には10分おきに記録をとっていました。
10分ごとに3~4%減っていきます。 動画を見たときは一気に減ります。
残り時間の変動の幅は大きく、動画を見た後は一気に残時間が減りすぐに元に戻ります。
対してパーセント表記は確実に減ってきます。 残り時間はあくまで参考値なんですね。

バッテリー持続時間は、カタログスペックでは最長6時間。
ネットに繋ぎっぱなしで軽い作業で使用すると4時間。
今回は測定していませんが、ネットに繋いで動画を見まくると2時間程度でしょうか。

私の普段の使い方では十分です。3セルでは足りないかもしれません。


Lenovo IdeaPad S10-2シリーズ 10.1インチワイド高解像度液晶 2957-JVJLenovo IdeaPad S10-2シリーズ 10.1インチワイド高解像度液晶 2957-JVJ
(2009/10/22)
Lenovo
商品詳細を見る



スポンサーサイト
PC | 【2010-05-03(Mon) 21:16:05】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【PC】SMART DAMPER + WD10EACS
前回記事をアップした直後。 ハードディスクからカツカツという異音が続き、PCが固まりました。
リセットボタンで再起動したところ、BIOS画面でカツカツ音が続いてブートできず。
見事にクラッシュしました。
耐震ゴムをつけるときにハードディスクに衝撃があったせいでしょうか。
実験コード、編集中の動画が消えてしまいました。
残念な結末です。

気を取り直して、新しいハードディスクを買いにいきました。
まず、WESTERN DIGITALの1TByte 「WD10EACS」 を購入。
1TBで8000円半ばって、、安くなった。

折角なので消音グッズも物色。
「SMART DRIVE」を買おうか迷ったけど、やっぱり値段が張ります。
半額以下で変える「SMART DAMPER」を購入してみました。

ハードディスクをスプリングのついた金具の上に載せて、振動を吸収するというもの。
こんな太いスプリングで効果があるのか疑問でしたが、ハードディスク本体と金具の間に挟むゲルワッシャが振動吸収の肝のようです。 初めて触る素材で、面白い手触りです。

で、静音の効果は・・・。

SMART DAMPERが効いているのかドライブが静音のせいなのかわかりませんが、ケースからの大きな振動音はなくなりました。
アクセスのたびにこもったような少々大きな音は聞こえますが、以前よりだいぶ静か。
まぁ満足です。 

こうなると、SMART DRIVEを試したくなります。 (←最初から買っておけばよかった?)

PC | 【2008-12-03(Wed) 01:36:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【PC】HDD用防振ゴムを試した
自宅で使用しているデスクトップPCの静音化。

CPUファン、ケースファン、電源ファンからの音は決して小さくは無いものの、それほど気になりません。
問題なのはハードディスクアクセス時に発生するケースの振動音で、非常に大きな音がしています。

いい加減何か対策をしようと思い立って調べたところ、

SMART DRIVE
HDD用防振ゴム
ゴム紐で宙吊り

こんな方法があることがわかりました。

SMART DRIVEは値段が張りすぎ。ゴム紐は素敵だけどちょっと勇気が出ない、、ということで、手軽そうなHDD用防振ゴム、ついでに店先で見つけた防振シリコンゴムワシャーを買ってきました
800円ちょっとの出費。
防振ゴムは暑さ0.3mmの薄いもので、本当に効果があるのか疑問に思いつつも試してみました。

結果・・・。

振動音が若干低くこもったような感じになったものの、音の大きさに変化は感じられず
相変わらず大きな音がしています。

・・・。

さて、次に試すのは…….。 …….ゴム紐で宙吊りかな?

PC | 【2008-12-01(Mon) 01:32:59】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【PC】USL-5P常時サーバ化計画 その3
前回の続き。

USL-5Pで開発環境とWebをセットアップしたときのメモです。(全ての手順の記録ではありません)

apt-get check
apt-get update

ssh接続環境を入れて telnetを無効にします。
apt-get install ssh

WindowsのTeraTermからsshで接続できることを確認した後で、/etc/inetd.confのtelnetのエントリをマスクし、リスタートします。
# /etc/init.d/inetd restart

samba、apacheなど次々にインストールしていきます。
# apt-get install samba
# apt-get install dpkg-dev binutils gcc g++ make libncurses5-dev
# apt-get install apache php4 php4-cgi
# apt-get install mysql-server php4-mysql


topでメモリの使われ方を確認します。
# top
top - 09:06:26 up 3 days, 7:19, 1 user, load average: 0.01, 0.31, 0.25
Tasks: 43 total, 1 running, 42 sleeping, 0 stopped, 0 zombie
Cpu(s): 0.3% us, 0.1% sy, 0.0% ni, 99.5% id, 0.1% wa, 0.0% hi, 0.0% si
Mem: 62672k total, 59604k used, 3068k free, 7308k buffers
Swap: 136544k total, 32k used, 136512k free, 27500k cached

PID USER PR NI VIRT RES SHR S %CPU %MEM TIME+ COMMAND
5316 root 15 0 2964 1092 872 R 3.7 1.7 0:00.07 top
5207 mysql 15 0 116m 16m 5256 S 1.9 27.5 0:03.32 mysqld
1 root 15 0 2460 724 628 S 0.0 1.2 0:00.41 init
2 root 14 -5 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.00 kthreadd
3 root 34 19 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.17 ksoftirqd/0
4 root 10 -5 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.10 events/0
5 root 20 -5 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.01 khelper
24 root 17 -5 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.01 kblockd/0
25 root 20 -5 0 0 0 S 0.0 0.0 0:08.49 ata/0
26 root 20 -5 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.00 ata_aux
29 root 10 -5 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.01 khubd
66 root 15 0 0 0 0 S 0.0 0.0 0:02.46 pdflush
67 root 10 -5 0 0 0 S 0.0 0.0 0:01.08 kswapd0
68 root 20 -5 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.00 aio/0
155 root 10 -5 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.01 scsi_eh_0
194 root 10 -5 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.08 reiserfs/0
259 root 21 -4 2952 600 368 S 0.0 1.0 0:00.62 udevd
747 root 18 0 1992 640 540 S 0.0 1.0 0:06.40 syslogd
753 root 19 0 2484 1120 424 S 0.0 1.8 0:00.92 klogd
787 Debian-e 15 0 7096 1052 760 S 0.0 1.7 0:00.06 exim4
793 root 23 0 1872 376 324 S 0.0 0.6 0:00.00 inetd
797 root 15 0 7480 1628 1116 S 0.0 2.6 0:01.50 nmbd
799 root 19 0 10596 2188 1500 S 0.0 3.5 0:00.07 smbd
803 root 19 0 10596 1896 1208 S 0.0 3.0 0:00.00 smbd
812 root 15 0 6436 1124 808 S 0.0 1.8 0:00.05 sshd
835 root 15 0 4964 4432 3740 S 0.0 7.1 0:01.39 ntpd
841 daemon 18 0 2520 428 316 S 0.0 0.7 0:00.00 atd
846 root 18 0 3032 904 736 S 0.0 1.4 0:00.29 cron

mysqlはさすがにメモリ喰いすぎ過ぎなので、使わないことにしました。

最後にftpdインストールをインストールしました。
# apt-get install proftpd-common proftpd-mysql

/etc//proftpd.confに次の行を追加します。
この追加がないと上のディレクトリまで自由に移動さてしまいます。
DefaultRoot    ~

設定を書き換えた後は、ftpデーモンを再起動します。
/etc/init.d/proftpd stop
/etc/init.d/proftpd start

……かなり省略しましたがWeb環境の構築はできました。

PC | 【2008-11-16(Sun) 13:09:10】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【PC】USL-5P常時サーバ化計画 その2
前回の続き。

liloが打ち込めない謎を解くために、1GByte、2GByte、4GByteのCFカードを買ってきて試してみました。
本当は256MByte、512MByteも試そうと、店を何軒もまわってみたのですが、売っていない or あっても高価なのでやめました。 同じブランド・同じシリーズの512MByteより1GByteのほうが安かったり、需要と供給のバランスで値段が決まる世界のようです。

とりあえず、dd for WindowsでUSL-5Pのオリジナルファームをそれぞれの容量のCFにコピーして、USL-5Pに差しなおして起動できるかチェックします。
Transcendの4GByteとadataの2GByteは問題なく起動しました。
pqiの1GByte(Hi-Speed120)は起動しませんでした。 書き込みの失敗を疑ってベリファイをかけてみたところ、問題なく書き込めているようです。 原因不明。
で、前回の手順を試したところlinear、lba32共にダメ。

前回の方法はあきらめて、別方法を試します。

Transcendの4GByteにbootld_255h_63s.mbrを使って、debian2.6.22 をインストールすることにしました。
手順はforester3さんの2008-04-27の記事そのままです。
スワップ128MByte。
特にトラブルも無くインストールできました。

インストール直後のステータスは以下のとおり。


landisk@landisk:~$ free
total used free shared buffers cached
Mem: 62672 18968 43704 0 2844 9944
-/+ buffers/cache: 6180 56492
Swap: 136544 0 136544
landisk@landisk:~$ df
Filesystem 1K-blocks Used Available Use% Mounted on
/dev/sda3 3767112 136756 3630356 4% /
tmpfs 31336 4 31332 1% /dev/shm
tmpfs 10240 28 10212 1% /dev
landisk@landisk:~$ uname -a
Linux landisk 2.6.22-landisk #1 Mon Jul 9 19:32:01 JST 2007 sh4 GNU/Linux

top - 23:29:49 up 4 min, 1 user, load average: 0.03, 0.14, 0.08
Tasks: 29 total, 1 running, 28 sleeping, 0 stopped, 0 zombie
Cpu(s): 0.7% us, 0.0% sy, 0.0% ni, 99.3% id, 0.0% wa, 0.0% hi, 0.0% si
Mem: 62672k total, 19460k used, 43212k free, 3056k buffers
Swap: 136544k total, 0k used, 136544k free, 10040k cached

PID USER PR NI VIRT RES SHR S %CPU %MEM TIME+ COMMAND
837 landisk 17 0 4028 1984 1392 S 0.0 3.2 0:00.11 bash
836 root 16 0 4292 1216 968 S 0.0 1.9 0:00.12 login
845 landisk 15 0 2968 1164 948 R 0.7 1.9 0:00.22 top
735 root 25 0 2484 1120 424 S 0.0 1.8 0:00.94 klogd
769 Debian-e 20 0 7096 1052 760 S 0.0 1.7 0:00.01 exim4
835 telnetd 15 0 2364 844 708 S 0.3 1.3 0:00.10 in.telnetd
795 root 18 0 3032 788 648 S 0.0 1.3 0:00.00 cron
1 root 15 0 2460 724 628 S 0.0 1.2 0:00.43 init
729 root 18 0 1992 640 540 S 0.0 1.0 0:00.31 syslogd
259 root 16 -4 2952 600 368 S 0.0 1.0 0:00.50 udevd
831 root 17 0 1872 540 480 S 0.0 0.9 0:00.00 getty
832 root 18 0 1872 540 480 S 0.0 0.9 0:00.00 getty
775 root 18 0 1984 536 472 S 0.0 0.9 0:00.00 inetd
792 daemon 25 0 2520 428 316 S 0.0 0.7 0:00.00 atd
803 root 18 0 1856 408 356 S 0.0 0.7 0:00.00 btnctrl
2 root 10 -5 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.00 kthreadd
3 root 39 19 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.00 ksoftirqd/0
4 root 10 -5 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.00 events/0
5 root 18 -5 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.01 khelper
24 root 16 -5 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.00 kblockd/0
25 root 10 -5 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.03 ata/0
26 root 20 -5 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.00 ata_aux
29 root 11 -5 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.00 khubd
65 root 25 0 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.00 pdflush
66 root 15 0 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.02 pdflush
67 root 20 -5 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.00 kswapd0
68 root 20 -5 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.00 aio/0
155 root 10 -5 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.01 scsi_eh_0

サーバ構築に必要な最低限の環境は整いました。(続く)



PC | 【2008-10-26(Sun) 15:26:59】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【PC】USL-5P常時サーバ化計画 その1
先日初代EdenにDebianを入れてましたが、Edenが省電力といえどやはり気になるのは電気代。
更に省電力でいいものはないかと調べていたら、IO-DATAの USL-5Pというものをみつけました。
ハードスペックはSH4 266MHz 64MByte。 ドリームキャストがSH4 200MHz 16MByteだったので、多分それよりずっといいはず。

USL-5Pは本来外付けUSBハードディスクをLANから読み書きするための機器ですが、本来の使い方以外で遊ばれていたようです。
Web上に資料が豊富に揃っていますので、先人たち通った道を辿りながら引っかかった点をまとめてみます。

やりたいことは、USL-5P単体(外付けHDDなし)で動くサーバの作成です。 Apache、Sambaを動かす予定です。

●オリジナルのCFイメージ吸出し
USL-5Pを分解してCFカードを取り出します。 CFカードは256MByteのものが入っていました。
USBカードリーダとDD for WindowsでCFカードのイメージを吸い出すのですが、まずここでトラブル。
カードリーダーは普段使っているサンワサプライのADR-MLTKNBKというものを使いましたが、CFカードを認識しません。 フォーマットがFATやNTFSでないから、、という理由でもなさそうです。
Windowsを諦めてデスクトップDebian機からddで吸い出そうとしてもダメ。
カードリーダーを疑ってカードリーダーをハギワラのものに交換したら、あっさり認識してくれました。

気を取り直してDD for Windowsで吸出し。 256MByteのイメージファイルが生成されました。


●オリジナルのCFイメージを大容量CFに書き込み
DD for Windowsで4GByteのCFカードにイメージを書き込みます。
書き込んだCFカードを、デスクトップDebian機に接続してfdiskで確認したところ、64MByteのパーテションが作成されていました。 残りは開き領域です。


●telnet接続できるようにする
CFカードをUSL-5Pに戻して、telnet接続できるようにします。
telnet接続するためのファームウェアをUSL-5Pの設定用Web画面から食わせます。
ファームウェアはl「usl5p-telnetd-update.z」を「update.tgz」にリネームして使用します。
ファーム適用後に「landisk」というユーザーを作成すると、telnetでログインできます。
実はココが一番ハマったところです。
「usl5p-telnetd-update.z」ではなく「landisk_telnetd_v2.0.zip」を一生懸命適用しようとして失敗しました。 (ファームのシェルスクリプトを見て気づいた……)

telnetでUSL-5Pにログインして情報を確認したところ、こんな感じになっています。

usl-5p:~# uname
Linux usl-5p 2.4.21 #50 2005年 1月 27日 木曜日 21:58:49 JST sh4 GNU/Linux

-sh-2.05b$ df
Filesystem 1k-blocks Used Available Use% Mounted on
rootfs 60540 52094 5320 91% /
/dev/hda1 60540 52094 5320 91% /
/dev/ram0 1003 172 780 18% /mnt/ram0
/dev/ram1 31729 13 30078 0% /mnt/ram1


-sh-2.05b$ free
total used free shared buffers cached
Mem: 62720 18152 44568 0 696 11324
-/+ buffers/cache: 6132 56588
Swap: 0 0 0


-sh-2.05b$ top
02:17:12 up 11 min, 0 users, load average: 0.00, 0.00, 0.00
21 processes: 20 sleeping, 1 running, 0 zombie, 0 stopped
CPU states: 2.0% user 2.1% system 0.0% nice 0.0% iowait 95.8% idle
Mem: 62720k av, 18644k used, 44076k free, 0k shrd, 716k buff
6044k active, 9476k inactive
Swap: 0k av, 0k used, 0k free 11632k cached

PID USER PRI NI SIZE RSS SHARE STAT %CPU %MEM TIME CPU COMMAND
681 landisk 14 0 1016 1016 832 R 2.8 1.6 0:00 0 top
1 root 8 0 568 568 496 S 0.0 0.9 0:02 0 init
2 root 8 0 0 0 0 SW 0.0 0.0 0:00 0 keventd
3 root 18 19 0 0 0 SWN 0.0 0.0 0:00 0 ksoftirqd_CPU0
4 root 9 0 0 0 0 SW 0.0 0.0 0:00 0 kswapd
5 root 9 0 0 0 0 SW 0.0 0.0 0:00 0 bdflush
6 root 9 0 0 0 0 SW 0.0 0.0 0:00 0 kupdated
107 root 9 0 0 0 0 SW 0.0 0.0 0:00 0 khubd
429 root 9 0 1012 1012 740 S 0.0 1.6 0:00 0 dhclient
475 bin 9 0 668 668 572 S 0.0 1.0 0:00 0 portmap
490 root 9 0 1612 1612 1488 S 0.0 2.5 0:00 0 httpd
504 root 9 0 1712 1712 1060 S 0.0 2.7 0:00 0 smbd
509 root 10 0 1528 1528 888 S 0.0 2.4 0:00 0 nmbd
519 root 9 0 664 664 580 S 0.0 1.0 0:00 0 crond
549 root 9 0 348 344 296 S 0.0 0.5 0:00 0 buttond
554 root 9 0 260 260 220 S 0.0 0.4 0:00 0 sw_daemon
561 root 9 0 448 444 380 S 0.0 0.7 0:00 0 usbhdmng
652 root 9 0 520 520 448 S 0.0 0.8 0:00 0 getty
666 root 9 0 860 860 700 S 0.0 1.3 0:00 0 in.telnetd
667 landisk 11 0 1380 1376 1124 S 0.0 2.1 0:00 0 sh

メモリは思っていた以上に空いていました。

ここからカーネル2.6を入れようとしましたが、どうもうまくいきません。
liloの打ち込みに失敗します。

/mnt/cf_3/sbin/lilo.x86 -C lilo.conf
---------------------------------------------------
edebi:/mnt/cf_1/etc# /mnt/cf_3/sbin/lilo.x86 -C lilo.conf
Warning: device 0x1605 exceeds 1024 cylinder limit
Fatal: sector 156048630 too large for linear mode (try 'lba32' instead)
---------------------------------------------------

lba32にしてもブートしてくれないし、スキルと知識の不足で諦めることにしました。
諦めて別の方法を模索に入ります。 (続く)

PC | 【2008-10-13(Mon) 12:40:36】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【PC】初代EdenにDebianをインストール
Linux。大体どういうものかは理解しているつもりなのですが、運用できるだけの知識はあるか?、と言われたらNoです。
10年以上前にSlackwareをインストールした経験はあるのですが、インストールだけで力尽きてしまい、それ以上学べていません。

後学のために数日前に「図解でわかるLinux環境設定のすべて」という書籍を購入し、起動や参照される設定ファイルなどの流れを掴もうとしていました。
この本がまたよく出来た本で、短期間で大枠を理解できました。 実際にLinuxの環境設定やコマンドを体験してみたくなったので、実際にLinuxをインストールすることにしました。
長い間使っていないPCが手元にあったのでそれを利用します。

マザー : 初代Eden(EPIA-5000 C3 533MHz 2002年製)
メモリ : 384MByte(256 + 128)
HDD : 80GByteの3.5インチIDE
光学ドライブ : バッファロー DVD-ROM12FB(2000年製) IDE接続

ディストリビューションは悩みながらインストールを試みましたが、最終的にインストールできたDebianになりました。
上から試みた順。いずれもWindows機からDVD-Rに焼きました。

●Ubuntu8.04
インストール中78%あたりで「光学ドライブの問題」と言われて、インストールが進まず。
3回同じ場所でNG。
ディスクの作り直し、ドライブの交換が面倒なので断念。

●CentOS5.2
インストーラー起動直後にリセットされる。インストールできず。
断念。

●CentOS4.7
インストーラー起動直後にリセットされる。インストールできず。
断念。

●Debian4.0
すんなんりインストールできました。
パーテションは、
/boot を128MByte
swapを1GByte
/を残り全部

sshをインストールして、gdmを外した状態でtopコマンドの結果。

top - 20:41:54 up  2:27,  1 user,  load average: 0.00, 0.00, 0.00
Tasks: 59 total, 1 running, 58 sleeping, 0 stopped, 0 zombie
Cpu(s): 0.3%us, 0.3%sy, 0.0%ni, 99.3%id, 0.0%wa, 0.0%hi, 0.0%si, 0.0%st
Mem: 378052k total, 57968k used, 320084k free, 5224k buffers
Swap: 979924k total, 0k used, 979924k free, 28928k cached

さすがCPUパワーもメモリも余裕です。

図解でわかるLinux環境設定のすべて図解でわかるLinux環境設定のすべて
(2004/11/30)
西村 めぐみ

商品詳細を見る



PC | 【2008-09-25(Thu) 23:59:03】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【PC】dynaboox TX/66
リビングに置く共有PCにdynabook TX/66を購入しました。 LavieRXからの買い替えです。
スペックはCore2DUO(T8100) + 2G + 200G + Office + Vista。
これで実質9万円ですから、ホントに安くなったものです。

使用していた歴代のノートPCは、BIBLO → Let's Note → VAIO → Lavie → dynabook(今)で、東芝は今回はじめてです。

1日触っていて気がついたこと。

 ・マウスボタンでスリープから復帰するのは、dynabookの仕様ですか? カバーを閉じていてもマウスボタンに当たっただけで再起動されるのはなんとも…。

 ・ファンの音、電源ノイズ、HDDアクセス音は静か(LavieRXはとにかくうるさかった)。

 ・LavieRXの解像度(1400x1050)に慣れていると、1280×800は少し辛い。(といいつつ、字が大きくなって見やすくなった、とも思ってたりして)

 ・CTRLとFNキーの配置が、Lavieと逆。2つ前のVAIOと同じ。ややこしい。

PC | 【2008-07-28(Mon) 01:26:08】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【PC】Google App Engineのアカウントを作った
Google App Engine (GAE /Google App エンジン) のアカウントを作成してみました。
そのときのメモ。

http://code.google.com/intl/ja/appengine/ からGoogleアカウント(GMailなどと同じもの)でログインします。

登録にはSMSのアドレスが必要です。
最初これが何のことかわからなかったのですが、携帯電話のメールアドレスのことのようです。
私はドコモの端末を使っているので、キャリアにdocomoを選択しました。 (ソフトバンクやauは選択できなかったような)。
usernameには自分の携帯電話のメールアドレスの@より前を入力します(電話番号ではない)。
○○○@docomo.ne.jpなら「○○○」です。
入力を済ませるとすぐにGoogleから自分の携帯電話に認証コード(数字)の書いたメールが届きます。
このコードを入力してCreate an Applicationに進んで、アプリケーションの新規作成を行います。

「Application identifer」欄はアプリケーションのID。
ここのIDがアプリケーションアクセス用のアドレス~~.appspot.comになります。 すでに使用されているIDは指定できません。
このIDは後から変更できないので慎重に設定します。
後から2つまで追加できるようなので、1つのアカウントで3つまでアプリを作成できるようです。(動作は未確認)

「Applocation Title」欄は、アプリケーションのタイトル。管理ページなどで表示されます。
これは登録後も変更できるので、とりあえずは慎重に考えなくても構いません。

以上でアカウントはできました。
さて、これから何を作りましょうか。

PC | 【2008-07-13(Sun) 21:03:55】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【PC】ソースコード表示用のCSSを設定
先日このblogにソースコードを書いたのですが、ブラウザでの表示のされ方がイマイチなのでCSSを設定してみました。

具体的にはFC2 BLOG管理ページの [・テンプレートの設定] - [~のスタイルシート編集]に次の設定を追加。


/*ソースコード表示用*/
pre {
background-color: #F0F0F0;
overflow: scroll;
padding: 0.7em 0.8em;
margin: 2.0em 0;
font-family: "courier new";
}

pre.dos {
background-color: black;
border: solid 3px ActiveBorder;
color: white;
font-family: "MSゴシック";
font-size: 100%;
padding: 4px;
}

.content code {
font-family: monospace;
font-size: medium;
font-weight: normal;
line-height: 120%;
text-align: left;
margin-bottom: 10px;
}


さて、どうなったか確認。



●<pre>~</pre>で囲んだ場合

// CSSテスト。 わざと横に長ぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~いコメントを書いてみる
#include <stdio.h>
int main()
{
printf("Hello World");
return 0;
}


●<pre class="dos">~</pre>で囲んだ場合

// CSSテスト。 わざと横に長ぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~いコメントを書いてみる
#include <stdio.h>
int main()
{
printf("Hello World");
return 0;
}


●<pre><code>~</code></pre>で囲んだ場合

// CSSテスト。 わざと横に長ぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~いコメントを書いてみる
#include <stdio.h>
int main()
{
printf("Hello World");
return 0;
}



●<pre class="dos"><code>~</code></pre>で囲んだ場合

// CSSテスト。 わざと横に長ぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~いコメントを書いてみる
#include <stdio.h>
int main()
{
printf("Hello World");
return 0;
}



こんな感じになりました。

#include <stdio.h>の「<」は「&lt;」と、htmlタグを書いて指定しています。
<pre>~</pre>で囲っていても、そのままでは表示されません。

そのまま記述すると、次のようになります。(正しく表示されていません)
#include 


「<」の後にスペース1つを入れると、次のようになります。
#include < stdio.h>


これのいい解決手段は?


PC | 【2008-07-07(Mon) 00:23:11】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【PC】Ubuntuのムック
先々週あたりからUbuntuのムックが書店に並びはじめて、今は3種類のムックが店頭に並んでいます。 今までに無く盛り上がっているように見えます。
今日は一番たぶん一番新しい、週刊アスキーのUbuntuムックを買ってみました。
写真でアプリや機能を眺めるだけで楽しいです。 夢が広がるというか、何というか。なんだんだろうなぁ、この感覚。
せっかく盛り上げてくれてるんだから、世間でUbuntu流行ったら色々と面白そうだと思います。

で、改めて今使っているWindows Vistaから完全にUbuntuに乗り換えるとして、困る事ってなにだろう?、と考えてみたのですが、

移行ができない(?)もの
  ・ドキュメントスキャナScanSnapと管理アプリのOCR機能
  ・体重計BC-500のUSBメモリからPCに落とす方法

なんとかなるけど、難しいもの
  ・秀丸
  ・あふ
  ・Sleipnir
  ・iTunes Storeで買った曲
  ・PICマイコン開発環境

……やっぱり完全にWindowsから離れるのは難しいかな。

PC | 【2008-06-21(Sat) 01:28:51】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【PC】Vistaのハードディスクアクセスを減らす
Windows Vistaを使っていていると、何も作業をしていないときでもハードディスクのアクセスが続いて、アクセス音耳障りでした。
ウィルススキャンやデフラグを行っているわけでもないし。

どうしたものかと調べてみたところ、レジストリエディタ (regedit)で、

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory Mana
gement\PrefetchParameters


ここの

EnablePrefetchen


の値を0にしました(デフォルトは3)。

そして再起動。

本当にプリフェッチが原因だったのかわかりませんが、裏のディスクアクセスがすっかりなくなりました。
体感速度は変わりません。
静かでいい感じになりました。

PC | 【2008-06-14(Sat) 23:23:56】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【PC】キーボード
4年ほど使い続けているキーボード、マイクロソフトの「Wireless Optical Desktop Elite」。
マウスとセットで1万円超というものですが、ウチのはたまにキーが連打状態で入力されてしまう不具合があります(PC本体を変えても、USB接続でもPS/2接続でも同じ症状が出るので故障だと思う)。
不具合はたまにしか起きないので我慢して使っていましたが、最近プログラムを組むようになって大きな問題がでてきました。

ファンクションキーが3つ区切りなんですね。
職場で使っているキーボードは4つ区切り。
Visual Studioを使っているとファンクションキーを多用するので勘が狂います。

そこで、サブ機用に買っていたマイクロソフト「Wired Keyboard 500」という1000円台のキーボードに交換しました。 すんなりいかず、101キーボードとして認識されてしまい、デバイスドライバの入れ換えが必要でしたが必要でしたが、すぐに解決。

このキーボードは値段が安いのにキータッチはいいのです。
そのかわり、
  ・SLEEPキーが無い
  ・ホイールが無い
  ・リストレストがついていない
  ・ワイヤレスでない

という問題(?)があります。 慣れればなんとかなりそうですが。

が、しばらく使っていて大きな問題に気づきました。
Insertキーの配置がよくない事です。
めったに押さないキーなのに、よく使うDeleteキーのすぐ上にあるんですね。 実に惜しい。
これも慣れで解決できるといいのですが。

私のキーボード選びのポイントに優先順位をつけてみました。

1. 極端なエルゴノミクスデザインでない
2. キータッチ
3. ファンクションキーが4つ区切り
4. PageUp PageDownが押しやすい場所に配置されている
5. Insertキーが離れた場所に配置されている
6. SLEEPボタンが離れた場所に配置されている
7. ホイール
8. ワイヤレス
9.. リストレス

1~5は必須ですね。

PC | 【2008-06-08(Sun) 23:27:17】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Ubuntu初体験
せっかくインストールDVDが焼けたので、せめてインストール画面でも見てみよう、、と思ってとりあえずDVDをブートさせてみたら、「コンピュータの内容を変更せずに起動」みたいな選択肢がありました。
ハードディスクにインストールせずにディスクブートで使えるんですね。
で、いまUbuntuを体感して30分ほど。
Firefoxから書き込んでいるのですが、久しぶりに感動してます。

・マウスが動く(ホイール、戻る、進むボタンも認識する)
・インターネットには何も設定していないのに繋がる。
・Firefoxの描画速度は速い。
・漢字入力も普通にできる。
・pdfファイルを見ることが出きる
・動画も音声つきで見える。
・OpenOfficeもいい感じ

すごいよ、これ。

今のところ唯一できていないのが、YouTube動画の再生(Flashのプラグインのインストールで失敗する)。


興味が出てきたので、もう少し本格的に触ってみたいと思います。

PC | 【2008-04-26(Sat) 12:09:37】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Ubuntu 8.04 インストールDVD作成
先ほど昨夜作成したUbuntuのインストールCDを確認したところ、焼きに失敗していたらしくファイルが1つも確認できませんでした。
今度はフリーのライティングソフト「CDBurnerXP」で再度ISOイメージを焼くことにしました。
こちらも6分強で焼きあがったかのように見えたのですが、セッションクローズの段階でエラーが発生し焼きに失敗。

使用したCD-RメディアはTDKの700MByteのもの。
ISOイメージのファイルサイズがギリギリすぎるのでは?、と思って、「BurnAware Free Edition」でDVD-Rに焼いたところ、今度は正常に焼きあがりました。

焼くのにかかった時間は2分ちょっと。 DVDはCDより3倍速いんですね。

PC | 【2008-04-26(Sat) 11:35:15】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Ubuntu 8.04 インストールCD作成
後先考えずにとりあえず ubuntu-ja-8.04-desktop-i386.iso をダウンロードしてみました。

ダウンロードしたものの、VistaになってISOファイル焼いたことない。
それ以前にライティングソフトをインストールしていません。
VistaでフリーのISOイメージをCDに焼けるフリーソフト……と探してみたら、「BurnAware Free Edition」というものを発見。
約700MByteのファイルが6分強であっさり焼けました。

今日はここまで。


PC | 【2008-04-26(Sat) 02:30:33】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Ubuntu 8.04 LTS
4月24日、Ubuntu 8.04 LTSがリリースされました。

Ubuntu使ったことはないけど、最近になって遅ればせながら気になってました。
2年に1度の大きなリリース。 そこら中のサイトが大いに盛り上がる……と思っておもいっきり注目していたのですが静かでした。
WindowsにせよMac OSにせよ、OSのリリースはわくわくするんですよね。
気になって仕方がない。

Ubuntu、あいているPCがあれば是非インストールしてみたいものです。

# Linuxは1995年あたりにSlackwareをインストールしたのが最初で最後。 敷居が高くてGWを潰してインストールした記憶が。


PC | 【2008-04-26(Sat) 00:55:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
goo古地図
goo古地図

昭和22年・ 昭和38年の東京23区の航空写真をみる事ができます。
これが面白い。
今までも写真単位で確認するサイトもありましたが、画面をスクロールさせてシームレスにみる事ができるのがスゴい。
材木が大量に置かれている川の様子、埋め立てられる前の公園、今は使われていない線路など見所は満載です。

PC | 【2008-04-12(Sat) 12:46:06】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
体重計のVista対応
2008年2月15日 タニタの体重計 BC-500Windows Vistaに対応しました
Vistaが発売されたのが2007年1月30日なので、1年以上経っての対応になります。

これは私にとっては大きなニュースです。
家のPC環境が完全にVistaに移行できない最大の理由がこれだったのです。
使いたいアプリがあってのOSということを地味に実感していました。

体重計メーカーから見ればOS間の互換性の無さで想定していなかった作業コストが発生したわけで、ドライバ・アプリを提供する側はMSに振り回されている事を垣間見ることができました。

PC | 【2008-03-01(Sat) 10:52:35】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
エンコード時間測定 続き (TMPGEnc 3.0 XPress CBR)
前回と同じ10分の素材を使って、CBR(固定ビットレート)1パスでのエンコード時間とファイルサイズを求めてみました。(前回はVBR平均ビットレート 2パス)


○TMPGEnc CBR 1パス 速度重視(高速)
・エンコード時間 : 3分57秒
・出力ファイルサイズ : 699MByte


○TMPGEnc CBR 1パス 画質重視(低速)
・エンコード時間 : 4分23秒
・出力ファイルサイズ : 716MByte


CPU負荷のグラフは前回とほぼ同じです。

PC | 【2008-01-20(Sun) 02:20:41】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。