プロフィール

長太郎

Author:長太郎
プログラマーやってます。

カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
【プログラム】C#でブラウザアプリのテスト
インストールしたまま使ってなかった「Visual Studio 2008 Express Editions」を立ち上げてみました。

C#と.NET Framework で何ができるかな?って感じでとりあえずプロジェクトを作成して画面を眺めていると、ツールボックスのコモンコントロールに「WebBrowser」というものを見つけたので使ってみることにしました。

適当にテキストボックスやボタンを配置して、1行だけコードを追加(太文字のところ)。

namespace Test00
{
public partial class Form1 : Form
{
public Form1()
{
InitializeComponent();
}

private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
webBrowser1.Navigate( textBox1.Text );
}
}
}




実行結果はこんな感じ。

C#ブラウザテスト


恐ろしく簡単です。

スポンサーサイト
プログラム | 【2008-05-24(Sat) 19:58:04】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【読書】Googleを支える技術
「Googleを支える技術」 西田圭介・著

「Googleのサーバーは何十万台ものPCを繋げている」と耳にする事はあるものの、どうやって制御しているのか気になっていました。
本屋で本書を軽く立ち読みしたときの印象は、技術の上辺を広く浅く解説している程度でじっくり読まなくても良さそうだと、何度もスルーしていました。
ところがどっこい、買ってじっくり読んでみると実に深いところまで書かれています。
しかも読みやすくわかりやすい。 構成・展開が上手です。

本書を読んだ後のgoogleのファイルシステム、検索・システムの感想は、実に泥臭いということです。
世界のGoogleといえど、決して雲の上の神の技術を持って構築されたシステムではなさそうです。

分散処理システムはこういう考え方をするんだと、私に今までなかった発想が身につきました。

読書 | 【2008-05-24(Sat) 01:09:59】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【読書】ウェブ時代の5つの定理
「ウェブ時代の5つの定理」 梅田望夫・著

IT業界の偉人達(スティーブ・ジョブス、エリック・シュミットなど)の言葉の紹介と、それに対する著者の解説・補足というフォーマットで構成されています。
「さすがいい事を言ってるな」と、素直に受け取りながら読むことができました。
ソフトウェアに従事する一組織人の私ですが、考えさせられる言葉、励みになる考えが多くあります。

「おそらく、すべての成功したアントレプレナーはマイクロマネージャーだ(以下略)」(169ページ)。
自分に行動と照らし合わせて、ハッとしました。

「私はグーグルが大好きだけど、歴史の進展も大好きだ。」(245ページ)。
googleの次のイノベーションって何だろ?、何か自分でやれることはないかな? 少しでもそういう視点で考えれば、視野がかわるような気がします。

たまに開いて読む価値がある本だと思いましたので、私の本棚の良書スペースに置きました。

読書 | 【2008-05-12(Mon) 02:35:43】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。