プロフィール

長太郎

Author:長太郎
プログラマーやってます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
【家電】ソニーのHDハンディカムのAVCHD動画を、VIERA V1で再生 その2
その1では、VIERAでSDカードのビデオを再生するには\PRIVATE\\AVCHD以下のファイル構成が正確でないと認識されないことがわかりました。 ファイル単品をフォルダに入れておくだけではダメ。

引き続きソニーのハンディカムで録画した動画を、VIERAのSDカード機能で認識&再生させる方法の調査を行います。

ハンディカム HDR-XR500VのハードディスクをPCにUSB接続して中を見ると、こんな構成になっていました。

\AVCHD
\AVCHD\BDMV
\AVCHD\BDMV\INDEX.BDM
\AVCHD\BDMV\MOVIEOBJ.BDM
\AVCHD\BDMV\CLIPINF
\AVCHD\BDMV\CLIPINF\00000~連番.CPI (*.MTSと対応)
\AVCHD\BDMV\PLAYLIST
\AVCHD\BDMV\PLAYLIST\00000.MPL
\AVCHD\BDMV\STREAM
\AVCHD\BDMV\STREAM\00000~連番.MTS (*.CPIと対応)
\AVF_INFO (読み込み専用属性)
\AVF_INFO\AVIN0001.BNP (読み込み専用属性)
\AVF_INFO\AVIN0001.INP (読み込み専用属性)
\AVF_INFO\AVIN0001.INT (読み込み専用属性)
\DCIM
\DCIM\101MSDCF


その1までの情報で、ハンディカム内にコピーしたい動画がある場合、それをSDカード経由でVIERA(SDカードでAVCHD再生のできる機種)で観るには次の2つの方法があります。

■方法1 (前回紹介した方法)
1. ハンディカム本体のダビング機能を使って、必要な動画を選んでメモリースティックに書き出す。

2. PCでSDカードに「PRIVATE」フォルダを作って、それ以下にメモリースティックの「AVCHD」フォルダをコピーする


■方法2 (今回わかった方法)
1. ハンディカムをPCに接続して、「\AVCHD」フォルダ以下全てをSDカードの「\PRIVATE」フォルダ以下にコピーする


方法1は簡単ですが、それなりの容量のメモリースティックを用意する必要があること、ハンディカム内に動画ファイルが残っていないといけないことが条件となって、敷居が高いかもしれません。

方法2はコピーしたい動画を選べないことに加えて、「\AVCHD」以下を全てSDカードにコピーする必要があるので、容量的に無理な場合が多いです。
(必要な.MTSファイルと.MPLファイルだけをコピーしても認識されない。)


やはり、ハンディカムからPC等にコピーしたAVCHDファイルを、SDカードに持っていく方法が必要になります。

ソニーのハンディカム、HDR-XR500V は、付属の「PMB」というソフトを使用してWindows PCに動画ファイルをコピーして管理します。
PMBを使ってPCに動画ファイルをコピーすると、00123.MTS が 20090526203611.m2tsという感じでファイル名が変更されてしまいます。 (ファイルの中身のは全く同じです。)
.CPIファイルはコピーされません。

PCに保存された必要な.m2tsファイルだけを適当にリネームしてSDカードにコピー。 それがVIERAで認識でされればいいのですが、それは前回失敗しました。

どうしようかとPMBのヘルプを見てみると、PMBの機能で[活用]-[メディアへ書き出す]-[メモリーカード]というのがありました。
試したところ、失敗。 AVCHDの動画はSDカードへは書き出せません。

さらに調べてみると、[活用]-[メディアへ書き出す]-[ハンディカム(メモリースティック)]というものがありました。
これを試したら、ハンディカムから管理情報を書き込んだメモリースティックには書き出すことがでました。
このメモリースティックに書き出されたファイルを、をSDカードの「\PRIVATE」フォルダにコピーすれば、VIERAで認識できるSDカードが出来上がります。


……が、やはりPCからSDカードに書き出したい。 大容量のメモリースティック高いし。


そもそもPMBのSDカードとメモリースティックをどう区別しているのか。
どうやらハンディカムでメモリースティックに作成した管理情報があれば、メモリースティックと認識するようです。
つまり、メディアのルートに「AVCHD」と「AVF_INFO (隠し属性)」があるとメモリースティックとして認識されるようです。
つまり、こんなファイル構成がSDカードにあれば、PMBにSDカードをメモリースティックと誤認させることが出来ます。

\AVCHD
\AVCHD\BDMV
\AVCHD\BDMV\INDEX.BDM
\AVCHD\BDMV\MOVIEOBJ.BDM
\AVCHD\BDMV\CLIPINF
\AVCHD\BDMV\PLAYLIST
\AVCHD\BDMV\PLAYLIST\00000.MPL
\AVCHD\BDMV\STREAM
\AVF_INFO (隠し属性)
\AVF_INFO\AVIN0001.BNP (読み込み専用属性)
\AVF_INFO\AVIN0001.INP (読み込み専用属性)
\AVF_INFO\AVIN0001.INT (読み込み専用属性)


SDカードにメモリースティックから上記のファイルをコピーしたら、PMBから[活用]-[メディアへ書き出す]-[ハンディカム(メモリースティック)]で無事出力できました。


あとは、SDカードに「\PRIVATE」フォルダを作成して、「\AVCHD」以下をコピーすれば、VIERAで認識できるSDカードの出来上がりです。

方法をまとめると、

■方法3 (PCからPMBを使って任意のファイルを選んでSDカードにコピーする)

1. ハンディカムにメモリースティックPRO Duo(128MByte程度の容量が必要)を差し込んで、ハンディカムの本体操作で管理情報を書き込む。

2. PCでメモリースティックの「\AVCHD」と「\AVF_INFO(隠し属性)」以下全てのファイルをSDカードのルートにコピーする。 この段階でメモリースティックの役目は終了なので取り出す。

3. PMBを起動してコピーしたいファイルを選択し、[活用]-[メディアへ書き出す]-[ハンディカム(メモリースティック)]を選択して、SDカードに書き出す。

4. SDカードに生成された「\AVCHD」フォルダ以下全てを、「\PRIVATE」以下にコピーする。

以上で完成です。
VIERAの大画面でソニーのハンディカムで録画した任意の動画が再生できます。


……と書いたものの、やり方が実に回りくどい。
VIERAを使うなら、素直にパナソニックのビデオカメラかTZ7を使うのが良さそうですね。
(TZ7はちょっと欲しい)

パナソニック 32V型地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン液晶テレビTHL32V1 TH-L32V1パナソニック 32V型地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン液晶テレビTHL32V1 TH-L32V1
(2009/04/10)
不明

商品詳細を見る


ソニー デジタルHDビデオカメラレコーダー ハンディーカム XR500V 120GHDD HDR-XR500V/Sソニー デジタルHDビデオカメラレコーダー ハンディーカム XR500V 120GHDD HDR-XR500V/S
(2009/02/20)
不明

商品詳細を見る


Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) TZ7 ブラック DMC-TZ7-KPanasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) TZ7 ブラック DMC-TZ7-K
(2009/03/06)
不明

商品詳細を見る

スポンサーサイト


家電 | 【2009-06-08(Mon) 00:46:57】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。